海外でのキャッシング

日本国内では、キャッシングといえば銀行、クレジットカード、消費者金融などの選択肢があり、 個人のそれぞれの置かれている環境や状況によって、さまざまな借り入れ先を選べるというのが常識となっています。

金利についても、2010年に施行された改正貸金業法によって上限金利を20%までに改められ、これよりも高い金利での貸付は違法となりました。

また、借り入れ可能な金額も年収の3分の1までに改められるなど、
多重債務を防ぎ、法外な金利で貸付を行ういわゆるヤミ金業者を減らし、より健全な貸金業を安心して利用できる環境へと整備されつつあります。

国内のキャッシング事情だけを見ていると、それなりに整備されてきているように見えます。
では、海外でのキャッシングはいったいどのようになっているのでしょうか?
海外旅行などでキャッシングする事もあるかと思いますので、事情を少し知っておいて損はないでしょう。

当サイトについて

このサイトでは、管理人の趣味の範囲ではありますが、
日本国内以外の事情がどのようなものかを知ることで、
日本のキャッシング事情についてももう一度再確認できたらよいな
という考えで、
海外のキャッシング事情についてまとめてみたいと思います。

海外のキャッシング事情

海外でもほとんどの国で、日本と同じように銀行やクレジットカード、消費者金融などの金融機関からキャッシングという形で、融資をうけることのできる環境が整っています。

クレジットカードに関してはVISAやMASTERなどの国際ブランドはほぼ全世界共通ですから、同じように利用できると考えて差し支えありません。もちろん、ATMを利用してクレジットカードでのキャッシングは海外でも可能です。

消費者金融に関しては、ほとんどの国で日本よりも高い金利での貸付を行っています。
その反面、貸金業を始めるための手続きが比較的容易な日本と比べると、
許可を得るのにはハードルの高い免許制などを導入しており、
いわゆる悪質な業者というものが存在しにくいような構造になっている傾向にあります。

おおまかには、上記のような状況ではありますが、
当然、各国のさまざまな事情によって状況は異なります。

一概に海外の・・・といった具合にはくくりきれない部分など、
各国それぞれのキャッシング事情については、他ページで具体的に解説してゆこうと思います。